車椅子で利用できるサービス

路線バスで21世紀美術館へ 車いすで金沢・白川郷・飛騨高山旅行

2020年7月4日

  1. HOME >
  2. 車椅子で利用できるサービス >

路線バスで21世紀美術館へ 車いすで金沢・白川郷・飛騨高山旅行

2020年7月4日

金沢21世紀美術館の夜のライトアップ画像

写真提供:金沢市

車いす利用の母と「金沢・白川郷・飛騨高山旅行」の1日目。

無事に金沢に到着して、ホテルにチェックイン。
一息ついて、また金沢駅まで車いすを押して歩いていきました。

駅を横断して、ホテルがあるほうとは反対側の兼六園口にあるバスターミナルに。

路線バスを利用して「金沢21世紀美術館」に行ってみました

車いすで路線バスに乗り21世紀美術館へ

初めて車いすで路線バスを利用

今回、車いす利用の母と旅行すること自体初めなので、新幹線も初挑戦。そして路線バスにも挑戦してみました

金沢駅の兼六園口(東口)のバスターミナルから乗り、21世紀美術館前の停留所で降りました。

ノンステップバスでスロープを設置してもらう

バス乗り場でとりあえず列に並んで順番を待ちます。

目的のバスが到着して、後ろの乗車口のドアが開いたときに、前のドアのところに行って運転手さんに声をかけました。

「21世紀美術館に行きたいんですけど、車いすなんです。乗せてもらえますか」

運転手さんから後ろの乗車口の前で待つように指示を受けて、運転手さんはバスを降りて、後ろの乗車口におさめられているスロープを引き出して設置してくれました。

路線バス ノンステップバスのスロープ

実際に利用したバスではないですが、このような感じでスロープが設置されます

車いすスペースに固定

乗車後は、運転手さんが専用スペースに車いすを固定して、またバスを降りてスロープをしまい、運転席に戻ってやっと出発

運転手さんがバスを降りたり乗ったり、スロープを出したりしまったり。作業が多く大変そうでした。

美術館前に到着すると、まず一般の方が降車してから、最後に私が料金を支払い、後ろの乗車口へ戻ります。

運転手さんはバスを降りてスロープを出し、またバスに乗って車いすの固定器具を外し、私たちが下りたらスロープをしまい、また運転席に戻って出発という流れでした。

新幹線などより力仕事というか、一人で、しかも定刻を過ぎてしまわないようにテキパキと動かなければならないし、スペースも、一般の席をたたんで車いす用のスペースにする形なので、車内が混んでくると邪魔そうで、なんだかとても申しわけない気持ちになりました。

21世紀美術館は車いすでも楽しめます

美術館は近代的なとてもきれいな施設でした。

全館バリアフリーの施設で、車いすでも安心して鑑賞できます
もちろん多目的トイレも設置されていました

金沢21世紀美術館

無料で入館できますが、その時々開催されている展覧会によって料金が異なる有料の鑑賞ゾーンもあります。

ちなみに、有料のゾーンでも、障害者手帳の提示で本人と介護者は2割の減額サービスが受けられます。

私たちは無料のゾーンだけを鑑賞してきました。

美術館はどこでもだいたいそうだと思いますが、基本鑑賞するスペースなので車いすでも楽しめました。

無料のゾーンだけだったというのもあって、ゆっくり1周見て回っても、そんなに時間のかかるスペースではないです。

有名な「スイミング・プール」などは、テレビで見たことのある風景を実際に見ることができて母も喜んでいました。

金沢21世紀美術館レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」の画像

レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」
写真提供:金沢市

金沢21世紀美術館レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」の画像

レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」
写真提供:金沢市

椅子のオブジェがところどころに展示してあって・・・
展示というか、実際に座れます。休憩スペースみたいです。

金沢21世紀美術館 ラビットチェアの画像

母にスマホのシャッターをおしてもらい撮った写真です。3枚くらい撮りなおしてもらったのですが、どうしても母の指がカメラのレンズにかかってしまうようで写っています(笑)

金沢21世紀美術館 母撮影のラビットチェアの画像

金沢21世紀美術館 母撮影のラビットチェアの写真

私のプロフィール画もこの写真で、母の指がちょうどアイコンで隠れています。

触れたり座ったりできる体験型のオブジェがところどころにあって、中庭のオブジェでは子どもたちが遊んでいました。

たとえばお孫さんが一緒にいても、たのしめる場所だと思います。

金沢21世紀美術館 球形のパビリオン「まる」の画像

「ドロップチェア」と球形のパビリオン「まる」
写真提供:金沢市

夕方のまだ明るい時間なのに月がきれいで撮ったのですが、月自体はまったくきれいに撮れず。でも近代的な美術館の中庭でも松の木がやっぱり金沢っぽい雰囲気が出ています。

金沢21世紀美術館 庭で撮影した画像

木の下に写っているのはフェルナンド・ロメロ作「ラッピング」
子どもが内部に入って遊ぶこともできるように設置されたパビリオンです

帰りのバスは乗車拒否を経験

乗せてもらえずに1台見送りました

美術館から金沢駅へ戻る方向のバス停で路線バスを待っていました。

しばらくして金沢駅行のバスが来たので、また来た時と同じように運転手さんに「金沢駅まで行きたいんです。車いす乗れますか」と聞きました。

そうしたら運転手さんは「ムリムリ!」と言っているかのように眉をひそめて手を振って、後ろを指さして合図したあと、私たちを残して発車して行ってしまいました

運転手さんは何か言葉を発していたのかもしれませんが、聞き取れないぐらいささっとあしらわれて行ってしまったので、何が理由で断られたのかわかりません。

次のバスが並んで待っていたぐらいの間隔ですぐに来て、そちらは快く乗せてくれました。

来た時と同じ手順で、運転手さんがバスから降りてスロープを出し、車いすごと母を乗せて固定し、またスロープをしまって運転席へ。忙しそうでした。

待たずに次のバスに乗れました

乗車拒否の理由は詳しくはわかりません。

でも、すぐに次のバスが来たので、「このバスはすでに乗客がいっぱいで混んでいるからすぐに来る次のバスに乗ってね」という意味で運転手さんは後ろを指さして合図していたのかなと思っています

乗せてくださったバスの運転手さんは、知っているかのように「どうぞどうぞ」という感じで対応してもらえたので、もしかしたら前の運転手さんが無線か何かで連絡をとってくれていたのかもしれません。

とにかくすぐに次のバスに乗れたので、そこまで私たちもショックを受けたわけでもなく、乗せてくださった運転手さんのとても親切な対応に、逆にこちらが申しわけない気持ちになりました。

車いすで路線バス利用 混雑時は厳しい

というのも、私たちが金沢駅に向かったその時間は夕方5時半ごろで、ちょうど通勤客の帰りのラッシュの時間帯になっていました

乗れたバスも、すでに乗客がいて、終点の金沢駅に到着するまでには満員状態になっていました。

21世紀美術館のバス停の手前には兼六園もあるので、そこからの帰りの観光客もいたと思います。

なので、乗れなかったのも仕方のないことだったし、こちらももっと考える必要があったと思っています。

時間帯によってはほかの交通手段を

今回の旅行は、車いすの母といろいろなことに挑戦してみたい気持ちがありました。

さらに、路線バスも障害者割引があるので、母と私は半額の小人料金で利用することができます

それで路線バスも利用してみたのですが、やはり利用する側にも配慮が必要だったと反省しました。

障害者で車いす利用だからといって、ほかの乗客の方より優先されるべきものではありません。逆に、こんなに労力を割いていただいたうえに割引制度もあって優遇されている部分もあります。

時間帯によってはタクシーを利用したほうがいいかもしれません

とくに今回の21世紀美術館は金沢駅から車で10分ほどの距離なので、タクシーでもそんなに高い料金にはならなかったと思います。

翌日にはレンタカーで兼六園に行ったので、本来はその流れで美術館に行くのがよりベストではあります

ちなみに、兼六園と美術館は歩いて行けるぐらいの距離です。

それでも結果的に、バスのメリットデメリットを両方体験することになって、これも良い経験だったと思っています。

後日こんなYouTube動画を見つけました。現役バス運転手のかしけんさんの動画です。
「路線バスに車椅子を乗せるのは面倒だけど気にせず乗りんしゃい!」というタイトル通りの内容で、少し心が救われました

21世紀美術館は車椅子でもゆったり過ごせるスポット

私たちが行ったのは10月の第3週めの日曜日だったのですが、そんなに混雑もなくゆったり回ることができました。

ちなみに、美術館の定休日は基本毎週月曜日です。(月曜日が祝日の場合はその翌日)

私は、この美術館と兼六園は歩いて行けるぐらいの近い距離にあるので、次の日に行く予定の兼六園とセットで考えていました。

でも、金沢駅に着いてから「もしや・・・」と思って調べたら、月曜日は美術館は定休日だとわかり、急きょ予定を変更しました。

旅行の予定は、行く先の定休日もチェックしておかなくてはと、改めて思いました

朝、自宅を出発して、車いす利用の母を連れて電車に乗り、新幹線に乗り、ホテルに行き…

あまりにもスケジュールを詰め込んで、私も母もぐったりしてしまっては楽しめません。

とくに母は、もちろん普段は外出などあまりせず、家の中で過ごすことがほとんどなので、外出というだけでもかなり疲れるのではないかと思って、初日は当日様子を見ながら行き先を考えようと思っていました。

そういう意味でも、21世紀美術館は旅の途中でほっと一息つけるようなスペースで、車いすでも無理なくゆっくり過ごせてよかったです。

母に撮ってもらったラビットチェアに座る私の写真を見た娘が、半年後ぐらいにお友達と金沢に旅行して、同じ場所で同じ写真を撮ってインスタにアップしていました。

この美術館はインスタの映えスポットです(笑)。

次は、夜ごはんとホテルの様子を紹介します。

金沢おでんの画像
金沢の夜ごはん 車椅子で金沢・白川郷・飛騨高山旅行

写真提供:金沢市   金沢駅ビルを散策 車いすの母と金沢・白川郷・飛騨高山旅行の一日目。 金沢21世紀美術館から路線バスに乗って金沢駅に戻ってきました。   駅ビルでお土産購入 駅ビルに入ってすぐのみ ...

続きを見る

車椅子の母と利用した金沢のホテルのバリアフリールームの様子はこちら

金沢の夜景 卯辰山の夜景画像
体験談【金沢のホテルのバリアフリールーム】車椅子で金沢・白川郷・飛騨高山旅行

写真提供;金沢市   金沢のホテルのバリアフリールームに宿泊 車いすの母を連れて「金沢・白川郷・飛騨高山旅行」1日目の夜。 食事を終えてホテルに戻りました。 私たちが泊まったホテルはこちら ホテルビス ...

続きを見る

石川県・金沢周辺のバリアフリールームのあるホテルを探しているならこちら
バリアフリールームやバスルームの写真付きで紹介しています。

金沢駅・鼓門
写真で探す【石川県・金沢】バリアフリーの車いすや高齢者にやさしいホテル・宿(料金比較あり)Accessible hotels in Kanazawa, Ishikawa

「写真提供:金沢市」 このページでは、当事者目線で探した【車椅子や高齢者にやさしい】バリアフリータイプの石川県・金沢のホテルや宿をピックアップしてみました。 料金比較に表示されている金額は、調べた当時 ...

続きを見る

合わせて読んでおきたい記事

飛行機の窓から見た夕日

車椅子で温泉旅行【由布院から羽田】帰りは大分空港経由で

  車いす利用の母と九州・博多・由布院・温泉旅行3日目。 今回の旅行、最終日です。 ホテルをチェックアウトして、お土産調達がメインの由布院観光。 その後、帰路につきます。 駅前のバスセンターから高速バスに乗って大分空港 arrow_downward 大分空港から羽田空港 arrow_downward 羽田からまた高速バスに乗って自宅に近いバス停留所 arrow_downward タクシーで自宅 高速バスは車椅子にとって乗り降りが大変ですが、このパターンは乗り換えが少なくて、結果的には良かったと思っています ...

ReadMore

特急「ゆふいんの森」号

車椅子で乗る【特急ゆふいんの森】九州・博多・由布院・温泉旅行

  車いす利用の母と九州・博多・由布院・温泉旅行2日目。 JR博多駅から由布院駅に向かう特急列車「ゆふいんの森」号に乗って由布院へ移動しました。 特急で、なおかつ観光列車でもある「ゆふいんの森」。 車椅子席もあり、紅葉が色づく景色を眺めながらゆったりした時間がたのしめました。   特急「ゆふいんの森」号って? 特急「ゆふいんの森」号は、JR博多駅と由布院駅をつなぐ特急列車です。 ただの特急ではなくて、D&S(デザイン&ストーリー)列車。 ウッドデッキや木目調の高級感のあるインテリアで、観光もたのしめるリゾ ...

ReadMore

飛行機の座席の窓から見えた青空

車椅子で飛行機【簡単・快適】予約からフライトまで

  車いす利用の母との旅行。 昨年の旅行では、新幹線に乗り金沢へ。   車いすで新幹線に乗るのは初めてでしたが、想像していたよりもスムーズに乗れて、しかも、とても楽しかったので、今回はさらにランクアップして「飛行機」にチャレンジしました。   車いすで飛行機に乗ることは、チケットの手配からフライトまで、不安なことがたくさんあるかもしれません。 でも、実際に経験してみて言えることは、予想よりはるかに簡単。 車いす利用者の身体の状況にもよるとは思いますが、バリアフリー対応はとても進んでいて、介助サービスも手厚 ...

ReadMore

高速バス アイキャッチ画像

車椅子で空港まで【空港直結高速バス】リムジンバスは使える?

  車いす利用の母と九州・博多・由布院・温泉旅行。 今回は、おもに飛行機で移動しました。 空港までの移動には【高速バス】を利用。 結果、高速バスは、バリアフリー対応がほぼゼロでした。 でも、乗ってしまえば空港まであっという間で快適です。 車椅子ユーザーの母と高速バスを利用した様子を紹介します。 旅行当日タクシーで出発 旅行に出発の当日の早朝。 予約しておいたタクシーに迎えに来てもらいました。 早割チケットの中でも特に安い早朝時間のフライトで、しかも車椅子利用の場合は1時間前のチェックイン。タクシーは余裕を ...

ReadMore

航空チケットの画像 アイキャッチ画像

【車椅子で乗る飛行機】チケットは障害者割引と早割どっちがいい?

  車いす利用の母と九州・博多・由布院・温泉旅行。 旅行会社のパッケージツアーは手っ取り早くてラクですが、障害者で車いすの母と一緒の旅行は自由のきく個人手配で、移動手段と宿泊先は母に合わせて計画することになります。   今回は羽田から九州の福岡空港まで飛行機で移動します。 できるだけ費用を抑えつつ、車いすの母が無理なく飛行機に乗れるよう、いろいろ調べてチケットを予約しました。 航空チケットを予約するとき、障害者割引と早割はどちらがお得かなど調べてわかったことを紹介します。   どちらがいい?【早割と障害者 ...

ReadMore

足の山にかかる高山本線の橋を走るワイドビューひだ号

高山から東京へ 車椅子で金沢・白川郷・飛騨高山旅行 

  車いす利用の母と金沢・白川郷・飛騨高山旅行3日目。 車いすで「高山の朝市」をまわって食べ歩きしたり、「高山陣屋」を見学したり、最後に一瞬血の気が引くようなアクシデントもありましたが、なんとか無事に高山駅に到着。   高山駅から帰路につき、 まず特急ワイドビューひだ号に乗り名古屋まで。    名古屋から東海道新幹線のぞみに乗り換えて東京駅まで。    東京駅からJR在来線で自宅の最寄り駅。 JRを乗り継いで、いよいよ帰宅です。   車いすにも安心な新しい高山駅 高山駅は、2016年にリニューアルしたばか ...

ReadMore

金沢21世紀美術館の夜のライトアップ画像

路線バスで21世紀美術館へ 車いすで金沢・白川郷・飛騨高山旅行

写真提供:金沢市   車いす利用の母と「金沢・白川郷・飛騨高山旅行」の1日目。 無事に金沢に到着して、ホテルにチェックイン。 一息ついて、また金沢駅まで車いすを押して歩いていきました。 駅を横断して、ホテルがあるほうとは反対側の兼六園口にあるバスターミナルに。 路線バスを利用して「金沢21世紀美術館」に行ってみました。   車いすで路線バスに乗り21世紀美術館へ 初めて車いすで路線バスを利用 今回、車いす利用の母と旅行すること自体初めなので、新幹線も初挑戦。そして路線バスにも挑戦してみました。 金沢駅の兼 ...

ReadMore

金沢駅もてなしドームの画像

新幹線編 車いすで金沢・白川郷・飛騨高山旅行

写真提供:金沢市   2018年の10月末、車いすの母と温泉旅行に出発。 障害者である母との旅行は、親孝行でもあり、母と私、とくに私にとってチャレンジでした。 車いす利用にはさまざまな理由があって、一概になんでも挑戦しようなどとは言えません。 たのしい出来事にしようと思ったつもりが、悪化につながり、つらい出来事になってしまうことだってもちろんあり得ます。無理は禁物です。 でも、もしも、病気や高齢で車いすを利用されているご家族との旅行を考えている方が見てくださっているなら、何か少しでも参考になるよう、旅行の ...

ReadMore

駅のホーム バリアフリー対応の画像

車椅子で乗る電車や新幹線 知っておいたほうがいいこと

  車椅子での外出は、さまざまな不安がありますよね。 車なら、介護者がいれば少し気もラクですが、バスや電車などの公共交通機関を利用するとなると、本人にとっても、介護者にとっても、不安が大きいものだと思います。 でも、今はバリアフリー化が進んで、車椅子や障害のある方にも対応できるようあちこちで整備されつつあります。 どこでも安心に、とまでは言い切れませんが、一度経験してみると「お出かけもいいものだな」と思えるようになりました。 今回は、新幹線での車椅子利用のお出かけに関して、バリアフリー対応についてわかった ...

ReadMore

北陸新幹線 W7系の画像

新幹線の障害者割引の具体的な利用方法

  どうすれば新幹線の障害者割引が使えるの? 障がい者で車椅子利用の母との旅行を計画していて、新幹線を利用する際の障害者割引について具体的に調べて実際に利用してみました。 障害者割引でどれくらい割引きされるのか 障害者割引をどうやって使うのか 利用してみたらとてもありがたい制度だったので、具体的に説明していきたいと思います。 JRの障害者割引制度って? そもそもこの障害者割引制度ってどんな制度だかご存じですか? 身体障害者手帳をお持ちで車椅子利用の方は絶対に確認しておいたほうがいい制度です。 実際に母が持 ...

ReadMore

-車椅子で利用できるサービス
-, ,

© 2021 Challenge Powered by AFFINGER5